2009年05月25日

格式では別格の安心感 セントラル短資FX

FX業界は手数料無料化の会社が多くなりスプレッドも極端に
低くなり競争が激化しているのは事実です。

上記のような環境から破綻して顧客の証拠金を返還できなくなる
事件もここ数年の間に起きており,私たちの大事な資金を預ける
のですからFX会社にもそれなりの信用度が求められます。

私は5社以上のFX会社の講座を開設していますすが信用度に
重点をおいて開設したのがセントラル短資FXです。

短資会社というと私たちには馴染みがありませんが短資という
名前が示す通り短期の金融市場で取引を行っているセントラル
短資のグループ会社です。

短期の金融市場など私たちは普段,縁が無いので知らないのも
もっともですが短期金融市場では金融機関や機関投資家のほか
日銀が資金を出し入れしている市場です。

日銀は短期金融市場に資金供給や吸収して短期金利を調整して
いるのですが短資会社はその仲介役として機能しておりとても
重要な位置づけにあります。

そのセントラル短資のグループ会社でFX取引を行うのが
セントラル短資FXです。
ここまで説明してもわかると思いますが単に
『FX会社を起こせば儲かりそうだから』といった安易な理由で
起業するような会社とは異なり格式の高さがあります。

私はFX用の資金を全額,FX会社に預けることはせずに銀行に
大部分を残しているのですがセントラル短資FXは長期用の講座
として多めに資金を入金して低レバレッジを保っています。


以上がFX会社としての信用度からの説明ですが実用面でも
優れた面も持ち合わせています。

セントラル短資FXにはハイパー口座というのがありこの
ハイパー口座ではハイパーチャートというチャート機能が利用
できます。

このハイパーチャートですがローソク足にしても他のテクニカル
分析にしても単にチャートを表示するだけでなく生データーの
出力をしてくれるのです。

私はテクニカル分析をする際,エクセルにデータを入力して
独自に作成しているのですがこの機能があるおかげで新規に分析
対象の通貨を増やす際に生データをダウンロードしてエクセルに
入力するだけで簡単に完成するので大変,重宝しています。

実際,NZドル円の見通しを質問されたことがあったのですが当時
は分析対象外の通貨でしたがハイパーチャートで生データを
ダウンロードしてエクセルに入力,翌日には回答することが出来
ました。

ちなみに,NZドル円の他にスイス円とカナダドル円もその時に
作成して分析対象の通貨を増やしましたが1日も掛かりませんでした。

FX会社としての格式の高さと優秀なハイパーチャート機能を持つ
セントラル短資FXはお勧めできるFX会社の一つです。




上のバナーのチャートがハイパーチャートです。使いやすいので
是非,試してみてください。




【アンケート】
今後のサイト運営の参考にしたくアンケートに
ご協力願います。
アンケートはこちら










____________________________
本ブログ内の記事はメールマガジンとしても配布しています。
PC版はこちら |  携帯版はこちら
____________________________

Top FX oh のお勧めFX会社 >格式では別格の安心感 セントラル短資FX
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/120190601